東京金融賞2019 金融イノベーション部門支援プログラム参加事業者に選抜されました

2019.10.07

株式会社フィンプラネット(代表: 長谷部直大)が、東京都が主催する東京金融賞2019において「優れた解決策を提案した事業者(5社)」に選抜されましたのでお知らせいたします。
当社は「人生100年時代に備えた新しい金融サービスがほしい」という都民の皆様の課題に対し、同社が創業時より掲げているミッション 「真に公平・中立な、家計の為のファイナンシャル・オフィサーとなる」を踏まえた新時代のロボアドバイザリーサービスの提案を行い好評価をいただきました。
当社は本プログラムを通じて東京都よりいただくご支援を糧として、今後とも消費者の皆様の一助となるよう、力強く歩みを進めてまいります。

東京金融賞について
東京都が掲げる「国際金融都市・東京」構想の実現のための施策のひとつとして2018年より創設された事業開発支援プログラムです。
第2回目となった2019年度は世界17の国・地域より80の事業者から解決策の応募がありました。
同賞においては、1次審査にて「都民のニーズ等の解決に資する画期的な金融商品・サービスの開発・提供を行う金融事業者」が5社選抜され、 主催者によるメンタリングやビジネスマッチング等の支援プログラムを受ける事ができます。その後、最終審査・デモ発表会を経た後、2020年に最終順位が発表、表彰式が実施されます。

東京金融賞ホームページ
https://finaward.metro.tokyo.jp/
東京都プレスリリースページ
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/10/04/01.html
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50704930X01C19A0L83000/