誰でもカンタンに最適な資産運用ができる
確定拠出年金向けロボアドバイザー『fintsDC』提供開始のご案内

2021.01.27

金融ロボアドバイザーの開発・運営を行う株式会社フィンプラネット(本社:東京都渋谷区、代表取締役:長谷部直大、以下「フィンプラネット」)は、 2021年1月より確定拠出年金制度における加入者の資産運用を支援する資産運用ロボアドバイザー『fintsDC』のサービス提供を開始いたしました。

確定拠出年金加入者は年々増加傾向にある一方で、多くの加入者は「どのように運用したらいいかわからない」「どのような運用商品へ投資したらいいのかわからない」 という悩みを抱えているため、よくわからずに元本確保型商品のみの運用となってしまっている場合が多く、適切な資産運用ができているとはいえない状況にあります。

Example image
他方、確定拠出年金導入企業においても、加入者に対する実効性のある投資教育が実施できず想定利回り以上の運用ができていない加入者が多いといった課題を抱えています。

企業の福利厚生として確定拠出年金向け資産運用ロボアドバイザー『fintsDC』を導入いただくことで、加入者は金融知識がなくても誰でもカンタンに最適な資産運用が行えるようになり、 加入者及び企業が抱えるこれらの課題を一挙に解決することができます。
また、企業型確定拠出年金及びiDeCoの運営管理機関へのホワイトラベル(OEM)の提供も行います。
運営管理機関へのサービス提供の場合、確定拠出年金に関する法令諸規則等に則り加入者に対するアドバイス内容は資産配分比率までにとどめ個別の運用商品の推奨や助言は行わない設計となっております。

『fintsDC』サービスの特徴
誰でもカンタンに最適な資産運用ができます
7つの質問に答えるだけで、金融工学とテクノロジーにより独自に開発したアルゴリズムが、加入者ごとに老後の目標金額を達成するために必要な掛け金、 最適な資産配分比率や運用商品のアドバイスまで行います。

スマホで手軽に利用できます
サービスはすべてスマホで完結、忙しい人もいつでも気軽にご利用いただけます。

すべての運営管理機関に対応
当社は運営管理機関から独立した立場のため、すべての運営管理機関でご利用いただけます。

企業型確定拠出年金、iDeCOの両制度に対応
企業型確定拠出年金加入者だけでなく、fintsDCを導入するiDeCo運営管理機関の加入者もご利用いただけます。

『fintsDC』の使い方
Example image
Example image

企業様の『fintsDC』導入メリット
実効性のある投資教育の処方箋に
企業には加入者が適切な資産運用を行うことができるように投資教育をする努力義務があります。
『fintsDC』を加入者に利用していただくことで誰でもカンタンに資産運用を行うことができ想定利回り以上の運用が期待されます。

従業員満足度・エンゲージメントの向上
福利厚生のグローバルトレンドとして、従業員の経済的なWell-being(*)向上を目的とした施策への注目度が高まっています。 fintsDCの活用により従業員の経済的なWell-beingを実現することで、従業員満足度や企業へのエンゲージメント向上が期待されます。 (*)Well-beingとは身体的、精神的、社会的に「良好な状態にあること」を意味します。

従業員のお金の不安の解消による生産性向上
Well-beingの高い従業員は生産性が高いとの研究報告があります。 fintsDCの活用により従業員の経済的なWell-beingを実現することで生産性向上が期待されます

社会保険料の一層の削減
『fintsDC』導入で誰でもカンタンに資産運用ができるため確定拠出年金利用のハードルが下がり、
選択制の加入者増加や掛金の増額により社会保険料の削減が期待できるケースがあります。

今後、記録運営管理機関に対する運用指図の自動連携機能や投資教育コンテンツの充実などのサービス拡充を予定しています。
金融とテクノロジーの融合により「金融の力で日常生活を豊かにする」を実現できるよう引き続きサービス向上と新プロダクトの開発に向けて邁進してまいります。
なお、2021年初旬には新サービスとして、独自のアルゴリズムによりカンタンな質問に答えるだけでたった3分でユーザーにピッタリの保険商品を提案する保険ロボアドのリリースを予定しています。